Farm news

Ranch Newsのページにも書いていますが、近年、犬のアレルギーや生活習慣病は増える一方です。
まるで、40年も50年も生きてきた都会の人間のように、糖尿病や肝臓病、尿結石やアトピー性皮膚炎などが発症しています。
これらの原因のひとつには、食べ続けた食物に含まれていた添加物や保存料、重金属(しかも、その犬が生まれてから食べたものだけではなく、先祖7代にわたって食べられてきたものです!)が体内に蓄積され、飽和状態になった結果、反応が出るということがあります。
野菜は、ダイレクトにその土地・土が含んでいるミネラルや重金属を吸い上げて育ちます。
野菜作りの基本は、土を作ることと、その土地の水の質なのです。
ほんの小さな小さな種子が、どっしりと重量のあるキャベツや大根になるためには、太陽の恵みを利用して、土に含まれる栄養をぐんぐん吸い込んでいかなければなりません。
缶詰や、高温高圧で処理された水分のない乾燥食品ではなく、フレッシュで栄養が壊れていない野菜の生きたエネルギーを、犬たちに食べさせてあげたいと、キッチンドッグ!は常に考え、良い野菜を探し続けています。
もちろん、野菜だけではなく、穀類や肉、魚も良質の汚染の極力少ないものを選び、バランス良く食べ、適度に運動をし、精神的にもハッピーに過ごせるように工夫してあげることが前提です。
それらはほとんどすべて、犬たちが自分で積極的に選んでできることではありません。
飼い主さんが与えてあげなければ、犬たちは選べないのです。

茨城県エコファームから直送!有機野菜のセット

有機野菜のセットR

有機野菜のセットM

 
もちろん、人間用の有機野菜の宅配ですから、飼い主さんもご一緒にお召し上がり下さい。私達の暮らす温帯の旬の野菜は、その季節に生き物の身体が必要とするビタミンやミネラルをたっぷり含んでいます。春、骨格が開いてきて冬の間にちじこまった身体が弛んでくる時期に必要な栄養、夏、暑さから身を守るために身体を冷やす栄養。内容は、季節によって変わりますからお楽しみです。旬のピークに採る野菜には、無農薬でも虫がつかないそうですよ。

 

 

キッチンドッグ!で使用している無農薬以外の野菜には、『あんしん野菜』で処理をして使用しています。これは、食物に含まれる有害物質を除去し、甘味を増したり、不要な臭いを取ったり、身を引き締め旨みを増したりする天然カルシウムです。

 

vegetable